B'zのアルバムを借りるならこれ!個人的おすすめ3選。

何の前触れもなくB'zの話をしようとしていますが、実は15年来B'zのことを考え続けています。つまりはファンをしています。(最初からそう言え)とはいえ、15年前のわたしは誰がどう見てもクソガキでして、あれを「ファン」と呼べる状態だったかはわかりません。いろんなひとのファンだったからなあ。

 

さて本題に

現在までにB'zは、オリジナルアルバムを19枚、ミニアルバムを5枚、ベストアルバムを8枚の計32枚をリリースしています。また、Mixtureというカップリングベストを含むと33枚です。そしてたいていのレンタルショップには33枚とも置いてあることでしょう。

1枚だけ借りてみたいから、じゃあベスト盤・・・ってベスト盤ですら8枚もあると、もうなにがなんだかという感じですよね。

そこで、いちファンによる個人的見解含みまくりのオススメを3枚(と言いながらも実質4枚です)ご紹介します。

 

 

B'z The Best XXV 1988-1998/1999-2012

B'z The Best XXV 1999-2012(通常盤)

B'z The Best XXV 1999-2012(通常盤)

 
B'z The Best XXV 1988-1998(通常盤)

B'z The Best XXV 1988-1998(通常盤)

 

 

こちらは2013年に、デビュー25周年を記念してリリースされた、全シングルを収録する完全なるベスト盤です。というのも、これ以前にリリースされているものは、リクエストなどに基づいて選曲されていたり、シングルであっても収録されていない曲があります。そのおかげで聴きやすくなっているかもしれませんが、全てを網羅していません。ご注意を!

1988-19981999-2012はそれぞれ別のCDですが、20代前半や中高生には後者を、それ以上の世代の方には前者をオススメします。「あ、これ聴いたことある!」を保証します。

 

MAGIC(2009年)

MAGIC(通常盤)

MAGIC(通常盤)

 

 

オリジナルアルバムを借りるのって、ちょっと抵抗があるひともいるかもしれないんですけど(わたしもそのひとりです)、これは聴きやすさでナンバーワンじゃないかなと思ってます。

収録されているシングル曲には、月9タイアップで抜群の知名度を誇ることとなった「イチブトゼンブ」や、スズキ・SWIFTのCMソング「DIVE」、アルバムに先駆けリリースされたMY LONELY TOWNがあります。

全体的にテンポがよくて、特にはじめの「introduction」から「Time Flies」までの3曲は、「あれ?これで1曲分?」と思うほど。わかりやすいはっきりとしたメロディが多く、ポップな印象もあるから「ロックサウンドかあ・・・」と難色のある方にもオススメできます。

ちょっと昭和歌謡みたいな曲もあれば、定番バラードもある、かなりバラエティーに富んだ1枚。

 

 

Brotherhood(1999年)

Brotherhood

Brotherhood

 

 

はい、中高生のみなさん。(読んでるのかわからないけど)「1999年とかちょー昔なんですけどー」とか言わない。

2008年のベストアルバム作成の際に行われたファンクラブ投票で、このアルバムに収録されている楽曲のうち2曲がリクエスト上位に食い込み、見事収録されています。コナンの主題歌で知られている「ギリギリchop」もこちらに入ってますよー。(宣伝)

また、2011年4月1日*1ミュージックステーションで披露された「Brotherhood」は、強いメッセージ性を持った、B'zを語る上で外すことのできない重要な曲のひとつ。こちらに収録されていますのでぜひ!

全体的に、ハードな曲が多い印象。その他の曲との差もまたいい味で楽しめるかな!

 

 というわけで、今週末はB'zのライブに行ってきまーす。(だから今回はこんな記事になりました)

 

 

*1:震災後初の放送。新曲とともに「いま伝えたい曲」として披露。