世界遺産「テオティワカン」に行った話

メキシコにはたくさん世界遺産が存在しますが、中でも一番の知名度を誇るのは、ここテオティワカンではないでしょうか。メキシコシティ市内からバスで1時間弱のところにあり、行きやすいです。

 

テクマクマヤコン?(難聴)

f:id:ukinako:20150629165944j:plain

テオティワカンとは、紀元前に栄えた都市の遺構で、かの有名な太陽のピラミッド(写真)はその一部になります。高さは65mで、実際に登ることもできますが、結構急勾配らしいです。(わたしは登りませんでした)

 

行き方

いちばんメジャーでわかりやすい、観光バスを使った行き方を紹介します。

  1. メトロ5番線に乗り、「Metro Autobuses del Norte(メトロ・アウトブセス・デル・ノルテ)」で下車します。
  2. 駅を出て目の前にあるのが北バスターミナル(Terminal del Norte)です。
  3. ピラミッドをモチーフにしているバス会社のカウンターに行きます。(ターミナル端にあります)
  4. カウンターで人数を伝えて、往復購入します。「directo(ディレクト)」と伝えるのもオススメします(次の記事で!)
  5. 乗車口に行くと手荷物チェック・ボディチェックがあります。(この件も次の記事で!)
  6. あとはバスに乗るだけでオッケーです!

f:id:ukinako:20150629165818j:plain

↑これがそのバス会社のマーク。

バスターミナル内にはATMやコンビニもあるので、手持ちが少なかったり小腹が空いてしまっても安心です。

また、メトロでなくメトロバスを使ってターミナルへ行くこともできますが、下りてから歩く必要があるので、メトロのほうが簡単だしオススメできます。

 

テオティワカンの中はこんな感じ

http://www.flickr.com/photos/86561598@N00/442638540

photo by Sharron McClellan

バスを降りるとすぐ入口があり、そこで入場チケットを買います。30~50ペソだったような気がしますが、失念しました。ごめんなさい。写真を使っていてとても立派なチケットなので、記念になります。

そこからちょっと歩くと、地図(上)にある「Main Entrance」にたどり着きます。ここでチケットを見せて、ボディチェックを受けます。

お土産屋さんが立ち並び、中ではお菓子や水なども売っていますが、観光地価格でかなり高いので(日本のと変わらないぐらい)できればバスターミナルで用意するのがベストです!

ピラミッドまでは「死者の大通り」という、全長5キロの道のりを歩く必要があります。日差しを遮るものはないので、帽子と十分な量の水を持っていきましょう!しかもこの道、段差の大きい階段がいくつもあります。歩きやすい靴と、運動できる体力も必要かもしれません。

あと、物売りがかなりの数います。そんなにしつこいひとたちではありませんでしたが、下手すると3,4人ぐらいに囲まれることもあります(実体験・こわくないよ!)ちょっとだけなら日本語もしゃべれるみたいですが、英語のほうが流暢なので、できれば英語かスペイン語で交渉するのがいいかもしれません。

 

帰り方

実はわたし、たぶん正規の(買ったチケットどおりの)ルートで帰りませんでした。(これも次の記事で)月のピラミッドまで行くと、もしかしたらバス乗り場があるのかもしれないんですが、近くの警備員のひとに聞いたら「申し訳ないけど入口まで戻ってくれ」と言われたので、ほんとのところはわかりません。

あらかじめ帰り方をきちんと聞くべきだったなー。「帰りのバスはコチラ」とか書いてあると思ったけど、そういう親切な看板ぜんぜんなかったからなー。というわけなので、行かれる方は気をつけてください!

 

わたしが訪れたとき、地元の小学生と思われる子どもが大勢いて、すれ違いざまに「ハロー!」と話しかけられました。ちょっと恥じらいながら。そして「ハロー」と返すとすごく喜んでくれました。覚えた外国語を使ってみたいんだろうなーと、昔の自分の気持ちと重なって、世界遺産でとてもほっこりしました。